キャリアデザインコース

総合アート学科 芸術コース まんが専攻/イラストデザイン ※専攻 1年次はコース別、2年次より専攻となります。

3年後に就活を目指し、資格のみならず、現場でのリーダーシップを発揮し、自らのキャリアを創造していける人材を育成します。

授業をピックアップ

接客マナー

ビジネスシーンにおける人との接し方を学ぶ。

ビジネスマナーや社内・社外の人、またはお客様との接し方の基本を学び、状況に応じた最善の対応が普通にできるようになりましょう!

接客マナー

プレゼンテーション

たくさんの人に、提案発表する
テクニックを学ぶ。

社会人になると、1対1のコミュニケーションだけではなく、たくさんの人に意見を伝える場面も出てきます。どうすればわかりやすく伝えられるかを学びます。

プレゼンテーション

資格・検定対策

就活で活かせる資格・検定の
取得にチャレンジ

本校では、「資格がある=スペックの高い人材」という考え方はしませんが、簿記やサービス接遇検定などにチャレンジします。学びのなかで得られるものを大切にしましょう!

キャラクター制作実習

目指せる職業

生産工程従事者

求められるのは現場でのリーダーシップ

高等学校卒業者の一般的な就職先。企業としては有能な人材の確保が困難になってきており、現場のリーダーとなりうる人材を探しています。また、経験を積み、社内試験を経て違う職種にキャリアアップを目指そうとする志のある人材も求めています。
諸外国からの労働力の増加が進むなか、彼らとともに働き、リーダー、そして管理する立場になり、「働く喜び」を分かち合える現場が作れる人材を目指しましょう。

サービス販売従事者

売るだけではない、重要な役割。

接客における一番重要なことは、「相手を知ること」。たくさんの知識や販売技術を習得していたとしても、目の前のお客様に合うようにそれらを使えなければ効果がありません。また、販売現場は売るだけでなく売り場の情報を吸い上げる重要な場所であるため、正確で適切な情報処理能力も必要になります。
インターネットショップなど接客を介さない販売が普及していますが、販売職の重要性はまだまだ大きく、会社の成長に欠かせない職種です。

事務従事者

企業で必須の存在。

どんな業種の企業でも必ず事務職は必要な職種です。事務職にはパソコンのスキルと経理の知識が必要です。あと几帳面さも求められます。
事務の仕事内容は幅広く、経理事務・総務事務・営業事務と各部署にも必要な人材です。資産管理などの数字の管理、商品の管理、人の管理と地味に感じますが企業にとって大切な人とお金の管理をする仕事であるため、信頼される人材が求められています。

講師からメッセージ

自信をもとう!

片山 真一先生

社会人として一番必要なことは、コミュニケーション能力です。コミュニケーションの基本は挨拶、そして人の話を聞けることも大切です。
3年間の学校生活で「人と接する自信を身に着けること」、「笑顔で挨拶ができること」この2つは必ず身につけられるよう指導していきます。
就職にむけて実務的な知識やスキルも大切ですが、本校では「相手を信用する」、「相手に信用してもらえる」ということを重視し、人と人のふれあいによって学べることを強みとして、様々な状況や環境の中でも、会社や自身の成長の材料を見出せる人材を育てていきたいと考えています。

片山 真一先生