卒業生の声

卒業生紹介

2016年度 卒業生

総合アート学科 芸能コース

長谷川美希(西宮市立山口中学校 出身)

SIGMA SEVEN声優養成所 所属

幼い頃から漫画に囲まれて育った私は、とにかくアニメが大好きでした。今は声優を目指していますが、そのきっかけもアニメからで「カッコイイヒーローを演じたい!」と幼いながらに思ったからでした。その夢は大きくなっても変わらず高校卒業後に専門学校へ進学を考えていましたが、この学校に出会い「私の道はココだ!」と入学を決意しました。入学後は、滑舌や発声などの基礎を学びながら、アフレコやナレーション、司会、朗読など、たくさんの実践的な授業を通して少しずつ力をつけていくことができました。練習の甲斐あり、目指していた東京の養成所への所属が決まり、着実に夢に近づいていることを実感しています。はじめての一人暮らし、養成所での新たなレッスン、様々な苦難が待ち受けていると思いますが、見た人が「私もこうなりたい!」と思ってもらえるような声優を目指して邁進していきます。

卒業生の声

総合アート学科 芸術コース

住田 百花(神戸市立東落合中学校 出身)

大手前大学 メディア芸術学部 進学

絵を描いたり、お話を考えるのが大好きで、小学三年生の頃から目指し始めた漫画家という職業。本校に入学し、いろいろな技術を習得するうちに「自分だけが満足するのではなく、誰が見ても楽しめる漫画」を考える大切さを学ぶことが出来ました。これは当たり前のことですが、自分の伝えたいことを1つの作品で見せることは難しく、絵はもちろんですが人に伝える、人に魅せる、ということが私にはまだまだ難しく、絵以外の部分で教養を深めるため、あえて大学に進学することを決めました。大学で心理学や芸術、さまざまな物に触れて人との付き合いを学ぶことで、今まで思い付かなかった新しい発想を物語に活かしたいと考えています。この三年間で学んだ漫画を描き上げるという大切な技術を生かして、新たな知識を身につけ、そして誰が見ても楽しめる、そんなお話が描ける漫画家になれるよう頑張っていきます。

卒業生の声

アニマルサイエンス学科 動物コース

松崎 友樹(姫路市立山陽中学校 出身)

㈱ひごペットフレンドリー 加古川店

僕は小さい頃から犬が好きで、将来は犬に関する仕事に就きたいと思っていました。 中学校を卒業してすぐに、高校卒業と同等の資格を取得することができ、動物の専門分野の勉強が早くからできるこの学校を選びました。入学当初は動物のことを学ぶにあたって基礎となる座学の授業がほとんどで、難しい部分もたくさんありました。2年生にあがり、知識を習得するにつれ実際に動物たちを扱う実習の時間が増えていきました。実習時間でしか学ぶことのできない各動物の扱い方やハンドリング方法を身につけることができました。 在学中に、将来の仕事についてたくさん悩みましたが、やはりずっと関わっていきたい犬に関する職業に一番近いと感じたため、ペットショップを希望しました。ペットショップでは、犬だけではなく小動物や魚なども扱うため、本校で学んできた知識が活かせる場所だと思っています。職場でも謙虚な姿勢で学び続け、経験を積んでいきます。

卒業生の声

活躍する卒業生

芸能プロダクション LEOPARD STEEL 準所属

林田 雄貴(備前市立備前中学校 出身)

声優コース(現:芸能コース)2012年3月卒業

神戸学園 高等課程の魅力は?

第一に講師・スタッフの先生方が、親身に接してくれるところです。様々な授業を通し、タレントとして生きていく上で欠かせない「好きになる」という感覚を日々磨ける環境が揃っています。さらに卒業後も気にかけてくださるので、役者としてのモチベーションを持続させる事が出来ることも大きな魅力です。

印象に残っている出演作品は?

「毎度!浦安鉄筋家族」です。声優の大先輩の皆さんと共演させていただいたのですが、大人の色気漂う素敵な役者として、親身に接してくださりました。共演した皆様の様な、魅力溢れる役者になろうと改めて誓える。そんな素敵な現場でした。

夢を目指す後輩たちにメッセージを!

役者を「仕事」にするための道のりはとても険しいです。しかし、その道のりを乗りこえた先には、素晴らしい景色が広がっています。日々前を向き続けながら、現状に満足するのではなく、新たな出会いや繋がりを大切にしてください。近い将来みなさんと共演できることを励みに私も頑張ります。夢を信じて、大胆に毎日を過ごしてください。

卒業生の声

声優養成所 JTBエンタテイメントアカデミー所属

末廣 みみ(西宮市立上ヶ原中学校 出身)

芸能コース2016年3月卒業

在学中はどんな学生だった?

学生時代に心がけていたことは「休まない」「遅刻しない」ということでした。当たり前のことですが、自分自身の将来のための授業なので、学校にかじり付いていました。今ではその根性が役にたっていると思います。好きなことを全力でできたので、あっという間でしたが充実した3年間だったと思っています。

今、養成所で頑張っていることは?

今は発声や滑舌を改めて見直してみたり、歌がもっと上手くなれるよう練習を重ねています。最近では歌が唄えたり、ダンスができる声優さんが多いので、ひとつでも特技が増えれば仕事の幅が広がると思い、日々頑張っています。

これから叶えたい夢、目標は?

まずは事務所に所属すること、そしてお仕事をもらえるようになることです。現時点で、所属ではなくてもアニメや舞台のオーディションの話は貰えるので、そのひとつひとつのチャンスを逃さず、少しでも多くのお仕事に結び付けたいです。そして将来は、誰でも一度は名前を聞いたことのある声優さんを目指しています!

卒業生の声

WEB制作会社 勤務 (日本文芸社「花恋」にてまんが家デビュー

秋山 香(丹波市立春日中学校 出身)

まんがコース(現:芸術コース)2013年3月卒業

神戸学園 高等課程を選んだ理由は?

専門的な授業が多く、他校と違いすごく魅力を感じたからです。

在学中に印象に残っていることは? 

授業の一環で出版社の方に自分の作品を見てもらう機会があり、担当がつきました。そして在学中に「漫画家デビュー」という夢を叶えることができました。デビュー後は担当者から様々な要望をもらい、どう表現をすればいいのか悩んだこともありました。そんな時は先生方に相談に乗ってもらったり、アドバイスをいただきながら最後まで描き切ることができました。自分の作品が雑誌に載った時や、単行本が本屋に並んでいるところを見たときはとても嬉しく、この学校を選んで良かったと心から思いました。

今後の目標は?

漫画家という夢を叶えましたが、高等課程で幅広いジャンルを実践することができたおかげで、次にやりたいことを見つけることができました。今はWeb制作会社に勤務しています。デジタル授業で学んだことを活かし、漫画と両立させながらレタッチャーとして活躍できるよう頑張っています。

卒業生の声

専門学校アートカレッジ神戸マスタークラス在学

山根 光右(Ipoh International School 出身)(マレーシア)

まんがコース(現:芸術コース)2015年3月卒業
(専門学校アートカレッジ神戸 専門課程へ進学)

神戸学園 高等課程を選んだ理由は?

私は本校に進学するまでマレーシアに住んでおり、マレーシアにいる時から漫画が好きで、漫画家やキャラクターデザイナーに興味がありました。日本に引っ越し後新聞に載っている本校を見つけ「ココしかない!」と決意しました。

専門学校に進学した理由は?

高等課程では、漫画を専攻していましたが、専門的な勉強をすること自体初めてだったので、何でも積極的に勉強したいと思っていました。不器用な性格であるため分からない所があってもあまり質問できないタイプでしたが、先生の方からよく話しかけてくださったことで、学校に馴染むことができました。3年間勉強し、学校生活も絵のスキルも上達しましたが、ストーリーを考えることが苦手で「まだ勉強したい!」と感じていたため、専門学校への進学を決めました。

進学後、高等課程での経験で活かされたことは?

絵の基本的なスキルは身に付いていたので、課題や自主学習などでとても役立てることができました。あと1年マスタークラスで専門学校に残り、スキルアップを目指しますが、基礎を忘れずに作家活動を続けていきたいです。

卒業生の声

太地町立くじらの博物館

山田 彩花さん(吹田市立山田東中学校 出身)

動物コース 2014年3月卒業
(神戸動植物環境専門学校 専門課程へ進学)

神戸学園 高等課程を選んだ理由は?

小さい頃からイルカのトレーナーになることが夢で、早くから動物の勉強がしたいと思い本校に入学しました。

在学中の過ごし方は?

イルカについて勉強したい一心で本校に入りましたが、海の生き物だけでなく犬などの陸上動物のことも幅広く勉強でき、将来の選択肢が広がりました。また、魚の飼育だけでなく、サークルやシンポジウムにも参加し、先輩や水族館の関係者の方から話を聞くことが出来ました。今の職場も、専門学校在籍時にアルバイトに行ったことがきっかけで就職に繋がりました。

仕事のやりがいは?

今はイルカとクジラの飼育をしています。体力仕事ですが、お客様との距離がとても近く、直接感想を聞くことができます。その言葉が私の今のやりがいに繋がっています。ショーだけでなく触れ合いイベントや地元の小学生にクジラについて教える業務も担っており、私の説明を聞いて、少しでも学んでもらえることがとても嬉しいです。まだまだ学ぶことが多いですが、次の目標は水中ショーです!

卒業生の声

ペットの専門店 コジマ 明石店

三宅 雅希さん(播磨町立播磨中学校 出身)

動物コース 2016年3月卒業

在学中の過ごし方は?

在学中はクラスのメンバーとも仲が良く、すごく楽しい3年間を過ごしました。様々な授業を幅広く勉強でき、トリミング実習やトレーニング実習などの実技授業を基礎から学べ、とても楽しみながら技術を身につけることができました。

仕事のやりがいは?

念願だった動物に接するということ、僕の得意とする接客を両立できるペットショップに勤務しており、販売をしながら用品の管理を担当しています。毎日忙しく大変なことも多いですが、お客様の「お兄ちゃんに聞いて良かった」「お兄ちゃんがいるから来るのよ」といった、大変嬉しいお言葉をいただき、やりがいを感じるとともに、これからも頑張ろうと思うことができます。

今後の目標は?

お客様に安心してお買いものをしていただけるよう、最高の笑顔と限りない安心をご提供することが毎日の目標です。お店に来ていただく方から安心と信頼心をご提供することが毎日の目標です。お店に来ていただく方から安心と信頼を得るためにこの高等課程で得た知識を活かし、これからももっと経験を積み、頑張ります。

卒業生の声